1. 我道 ~飲食の社長たち~
  2. 2012年1月の記事一覧
食を伝える「拘り」がそこにある 我道 飲食の社長たち

日本の飲食業界をリードする社長たちの「拘り」はどこにあるのか。生い立ちや人生観などのパーソナリズム視点からひも解き、人気飲食店オーナーの素顔と内面にクローズアップしていきます。企業理念やビジョンはもちろん、お客様一人ひとりに対しての想いや取り組みも知ることができるシリーズ企画です。

ARCHIVE

2012年1月

株式会社リン・クルー

代表取締役

林直樹氏

1968年4月24日生

ないない尽くしのスタート。

 設立当初はいろんな壁にぶち当たりました。まず資金面。お店の内装費や外装費は思った以上にかかります。でも実績がないわけだから銀行も貸してくれません。不動産も同じです。「会社設立されたばかりなんですね」とか「有限会社なんですね」とか「社長、お若いんですね」などばかり。スタートから行き詰まっていました。で

記事を見る

株式会社リン・クルー 代表取締役 林直樹氏の写真

株式会社スパイスロード ブルーセラドン株式会社

代表取締役社長

涌井征男氏

1944年7月27日生

シルクロードに思いを馳せて…。

 私が初めて自分の店を持ったのが28歳の時。学生街に佇む小さな喫茶店でした。もともとコーヒー専門店だったのですが、顔なじみになった学生さんから「お腹が空いたからカレーを作ってほしい」と頼まれたのがきっかけで、カレーを出すようになったんです。初めは我流のシンプルなものでしたが、カレーを突き詰めていく

記事を見る

株式会社スパイスロード ブルーセラドン株式会社 代表取締役社長 涌井征男氏の写真

株式会社テイクファイブ

代表取締役社長

遠山和輝氏

1968年生

きっかけは学生時代の経験から

 子供のころから「将来は自分で何か事業をする」という思いはありました。「この会社はどうやって食べているのか?」「どうやって儲けているのか?」などをぼんやりと考えていたように思います。会社を辞めた時、社会的な形がなくなって、さあここからどうするかと考えたこと。それが今の自分のスタートでした。特にその時

記事を見る

ページの先頭へ戻る