1. 我道 ~飲食の社長たち~
  2. 2012年5月の記事一覧
食を伝える「拘り」がそこにある 我道 飲食の社長たち

日本の飲食業界をリードする社長たちの「拘り」はどこにあるのか。生い立ちや人生観などのパーソナリズム視点からひも解き、人気飲食店オーナーの素顔と内面にクローズアップしていきます。企業理念やビジョンはもちろん、お客様一人ひとりに対しての想いや取り組みも知ることができるシリーズ企画です。

ARCHIVE

2012年5月

株式会社トラジ

代表取締役社長

金信彦氏

1966年1月17日生

人間関係を重んじ、自分が納得いく料理で勝負する店をつくりたい。

   私の実家は焼肉店を営んでいましたので、小さい頃からずっと親の背中を見て育ちました。朝早くから夜遅くまで働く姿を見て、少しでも親孝行できればと考えたのが、焼肉業界に入ったきっかけです。
 私が家業を手伝った約7年間で1店舗から4店舗に事業が拡大する一

記事を見る

株式会社ケーズカラナリープランニング

代表取締役

越野健太郎氏

1969年11月生

大企業からベンチャー企業へ転職。がむしゃらに働いた会社員時代。

  私の場合、初めから飲食業界を目指していたわけではなく、大学卒業後に入社したのはゼネコン大手の清水建設でした。当時は「不動産開発」と言えば花形の仕事。自分もそこで勝負してみたいと思っていました。管理や営業を含め事務系の仕事を一通り経験させてもらった頃、折しも時代は

記事を見る

ページの先頭へ戻る